みずから読みたい本を


by bunkosha

カテゴリ:出版予告( 8 )

先行予約受け付け開始!

元広島東洋カープの抑えのエースで、“炎のストッパー”と呼ばれた津田恒美氏の没後20周年にあたり、特別書き下ろし作品「天国から来たストッパー!」が発売になります。

発行予定日は、彼の命日にあたる7月20日。
それに先立ち、ただ今先行予約受け付け中です。

いまなら著者のサインのほか、幻となった「inning9」章をお付けいたします。

下記の住所かメールアドレスに

「天国から来たストッパー!」◯冊希望

と書いて、住所・氏名・連絡先をご記入の上お申し込みください。
郵便振り替え用紙を同封の上、お送りいたします。
(送料はサービスいたします)

〒739-1734 広島市安佐北区口田4-23-25
メール bunkosha@excite.co.jp
f0165155_15165265.jpg
あ ら す じ
2012年のシーズンオフ、カープは野田謙一監督を解任。後任に衣澤幸雄を迎えた。衣澤は、コーチ陣に夏木穣、高崎義彦など、カープ黄金時代を築いた歴戦の勇士を招聘するいっぽう、チーム強化のために劇的な改革を進めた。そして、その年のドラフトでは、おもわぬ逸材を獲得することになった。
天海翔。かつての抑えのエース、津田恒美をほうふつとさせる剛球投手だった…

著 者 堀 治喜
単行本 本文 240ページ
    モノクロ
定価 1500円+税


天国から来たストッパー!

堀 治喜 / 文工舎

津田恒美没後20周年特別書き下ろし


[PR]
by bunkosha | 2013-07-08 15:36 | 出版予告

移籍しました。

去年の12月に発売した「衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか?」。おかげさまで完売いたしました。
同書は近々、洋泉社から加筆修正した増補版ということであらたに発売されることになっています。

文工舎から洋泉社へのトレード。いわば独立リーグからプロ入りといったところでしょうか。
全国の書店さんには、初版同様よろしくお願いいたします。

f0165155_9264543.jpg

[PR]
by bunkosha | 2011-12-01 09:29 | 出版予告

新刊2連発!

今月30日に野球本ばかりを集めた「東京野球ブックフェア」が開催されるとかで、文工舎も出店させていただくことになりました。

それに合わせて? 新刊を2冊発刊いたします。

まず第1弾は、

「誰が、市民球場を壊したのか?」
f0165155_1647543.jpg
著者 堀 治喜
定価 780円(税別)
新書 220頁

10月20日発行(新書)

多くの市民が反対していたにもかかわらず、そして正当な理由もないままに解体されてしまった広島市民球場。そんな愚行がなせ強行されてしまったのか。広島市民にかぎらず、全国民が関心を持ち疑問におもっていた問題の核心にせまったクリーンヒット。推理物としても読ませます。

そして第2弾は、

「わしらのフィールド・オブ・ドリームス」(新書版)
f0165155_16533252.jpg


荒れ果てた段々畑が、手づくりの野球場としてよみがえった!
1995年に広島県安芸高田市のT町で実際に起こった夢の物語。そのノンフィクションです。
いま大震災の復興におわれる被災者の方々へのエールになればとの再刊です。

著者 堀 治喜
定価 890円(税込)
新書 224頁

10月30日発行
[PR]
by bunkosha | 2011-10-11 17:00 | 出版予告

新刊本の紹介です。

何か月ぶりの更新でしょうか。
いつもチェックしていただいている方、ありがとうございます。

ひさしぶりの新刊です。
読者の方は、どうかご購入を。
書店の方は、取り扱い、よろしくお願いします。

f0165155_13475134.jpg

「衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか?」

 著者 堀 治喜
 発行 文工舎
 定価 780円(税別) 
 お問い合わせ TEL 082-842-9462 
        FAX 082-209-4568

目次

  第1章 ある球団のおわりのはじまり    
        ・優勝にからめない選手の悲哀  ・経営の黒字と人的な赤字
        ・「カープ愛」の果てに  ・涙に隠された真意
        ・「優勝」への渇き

  第2章 フリーエージェント宣言への一本道
        ・カープが逃がした大鯉たち
        ・「時間」も「金」もかけないチームづくり
        ・戦力の「補強」か「補填」か
        ・07年オフの動静から読み解く球団の思惑
        ・熱意なき交渉 ・広島市民球場の不気味な静寂
        ・勝利の美酒を飲む権利  ・失われたモチベーション

  第3章 カープ歴代監督の系譜
        ・現場はフロントのオモチャか
        ・「衣笠監督」の目が消えたとき ・指揮官それぞれのドラマ

  第4章 年譜から読みとる『球団裏面史』  
        ・グラウンドの外の攻防 ・だれが監督を決めてきたのか? 
        ・優勝にむけアクセルを踏んだ『恒次時代』 
        ・個人オーナーが球界と親和できた『耕平時代』
        ・長期低迷期とかさなる『元時代』

  最終章 広島東洋カープはだれのものなのか?
         ・個人商店の〝おおきな社屋〟 ・ピーター・オマリーの英断
         ・カープ再生のための処方箋
[PR]
by bunkosha | 2010-12-10 14:13 | 出版予告

ただいま、下記の本を制作中です。

宮角孝雄写真集「GROUND ZERO 祈り」(仮題)

10年にわたって原爆ドーム前でポートレートを撮りつづけてきた宮角氏の写真集を、平和を願うみんなが協賛してつくろうというこころみです。

詳しくは、下記のhttp://blog.goo.ne.jp/hseisaku/このブログ

f0165155_10514696.jpg

[PR]
by bunkosha | 2010-03-16 10:54 | 出版予告

続・新企画スタート

球場巡礼の第1集が出たのは05年。第2集は06年のことでした。
すると07年に第3集が出ているとオサマリはよかったのですが、ご存知のように世の中そう甘くはございません。

おかげさまでまだ在庫の山もございまして、このまま続編を出しつづければ、本に埋もれ、借金にまみれてしまうのは必定。
そこで、とりあえず原稿の整理も兼ねて「ブログ版・球場巡礼」を公開することにいたしました。
これまでに参拝した球場のリストをまとめながら、原稿も小出しにアップしてゆく所存。

世に何もする事のなくなったという諸姉諸兄がいらっしゃれば、おヒマつぶしにご来場いただければ幸い。
あてのない旅をするがごとく、とりとめもなく更改してまいります。
f0165155_16395029.jpg
球場巡礼
[PR]
by bunkosha | 2008-05-27 16:38 | 出版予告

新企画スタート!

世は右も左も温泉ブーム。あっちの秘湯、こっちの混浴と、老若男女入り乱れての狂想曲がかまびすしいばかりです。
そこでそのブームにちゃっかり便乗して、あらたな企画を立ち上げました。

名付けて「アッキーの温泉巡礼」。
初老の変なおじさんが、旅心のバックパックに下心をそっと忍ばせて歩いた温泉三昧の顛末。
まずはブログで先行公開です。
f0165155_14345584.jpg
「アッキーの温泉巡礼」
[PR]
by bunkosha | 2008-05-27 14:22 | 出版予告
ヒロシマ平和製作所編「ヒロシマより愛をこめて」の第2集を発行します。
2005年の被爆60周年に同書を発行してから、はやく続編をつくりたいと念願していましたが、在庫の山を横目に見ながら腰があがらずにいました。
しかし、完売するのを待っていたのでは文工舎閉鎖60周年になってしまいそうなので、それはそれとして「第2集発行プロジェクト」を進めることにしました。

予定日は、もちろん8月6日です。
平和への思いやメッセージを各人が見開き1ページで表現して本にする試み。(募集要項は、こちら)
発行までの進行状況を随時掲載するつもりですから、このような本を出したい方は参考にしてください。
[PR]
by bunkosha | 2008-05-05 22:36 | 出版予告